主な研究テーマ

固体推進薬製造 (混和) 技術に関する研究

蠕動運動型人工筋肉混合搬送装置 (蠕動ミキサ) を用いた固体推進薬混和技術の研究

研究協力: 中央大学,東京電機大学,Solaris,日本カーリット

固体推進薬の安全な連続混和技術として,蠕動ミキサを用いて,腸管動作を生体模擬した混和技術の応用を検討しています.特徴としては,中央大学 バイオメカトロニクス研究室と共同して機械工学的な観点と化学工学的な観点の両方から混和メカニズムの研究に取り組んでいる点が挙げられます.

また,産学連携の元,実際に推進薬製造プラント化に向けた実用化研究を推し進めています.

 

 

 

蠕動ミキサで製造した推進薬のロケット燃焼試験

 

 

未硬化固体推進薬のレオロジー特性に関する研究

共同研究: 関西大学,理化学研究所 計算科学研究センター

液状ゴムと高濃度の酸化剤粒子・アルミニウム粉から成る固体 (コンポジット) 推進薬は,混和中 (硬化前) において,その組成と充填構造によって様々な物理特性を持っています.見た目はパサパサで流動性のないものから,泥状で流動性を持つものまで,それらの違いは実は液状ゴムの数パーセントの量の違いに起因しています.

このような物理特性の違いに関して,充填構造や液状ゴムの特性に注目して研究を行っています.

 

 

宇宙推進システムに関する研究

高エネルギ液体推進剤を用いた化学推進機およびプラズマ推進機に関する研究

共同研究: 東京都立大学,小山工業高等専門学校, 名古屋大学
研究協力: 横浜国立大学,福岡大学,長岡技術科学大学,日本大学

 より遠方領域への探査や地球/月周回ミッションに向けた小型・超小型宇宙機の推進技術として,基盤技術の構築と技術成熟度の向上を目指し,高エネルギ液体推進システムに関する研究開発を行っています.その要素技術として,主に高エネルギイオン液体の新たな着火方法 (レーザー着火, プラズマ着火法など)や宇宙推進方法 (電熱加速、電場加速方法など)の解析的/実験的な評価・検証による学術研究を行っています。

 

高エネルギ液体推進剤を用いたスラスタ真空燃焼試験